怖い神様と秘仏

聖天、荼枳尼天、摩多羅神などは、願いを叶えてくれるが、祈り方を間違えると祟られると言われています。いわゆる怖い神様です。こうした怖い神様は、本尊となっている寺社で秘仏(神様ですので秘神)であることが多いです。そうです。私たちは、その像容を見ることができません。ただ、絵画に描かれているものがありますので、それを基に本尊を想像するこ…
コメント:0

続きを読むread more

修験者に操作される神霊

前回に続き修験道です。修験者は、様々な神霊を使役します。古代では、修験道の祖役小角さんが、鬼神を使役して水をくませ薪をとらせていました。平安時代では、護法童子を使って、宣託や憑きものおとしを行ったとされています。さらには、飯綱も使われるようになります。飯綱は、管狐(くだぎつね)と呼ばれる、狐に似た伝説上の生き物です。ただ、飯綱の…
コメント:0

続きを読むread more

修験道とシャーマニズム

修験道は、山の神霊の力を用いて、呪術などを行いますので、シャーマニズムとも関係が深いです。宮家準氏は、シャーマニズムとの関係について、脱魂と憑依を指摘します。今回は、この脱魂について見てみます。 脱魂は、幽体離脱ですね。魂が体から離れて、様々な他界を訪れるものです。こうしたお話は、たくさん残されていますが、修験道の影響を受…
コメント:0

続きを読むread more